Text Size :  A A A
|  一花屋News  |  たぬーの日記  |  和雑貨  |  一花屋shop  |  shopからのお知らせ  |  ネットショップ  |  bbs  |
|  Link  |  たぬーについて  |  mail  |
Img_2f99ff04d6c3fa6150e32ff92dfb50ff
期間限定メニュー
力麦縄
めちゃうまいー!
Img_4361cc155aaa0e0ded2dec0311824f1a
Img_a72930b7cb2e835064e18ed61c0550d6
一花屋オープン当初から愛用させて頂いてる
寺門さんのNEW器たちが入荷してきました〜〜!
去年の初冬に注文して、やっといよいよの弥生に入荷してきました。

今回もとってもわくわくしちゃう 器ばかり。
かわいいピンクのぶどうちゃんシリーズは1点のみ入荷。
他に高円寺南口にあるおでんやシリーズや、たこにあじのひらき など
わけのわからない寺門ワールド全開です。
あなたの暮らしのアクセント。お一ついかがですか?

なんと3年も更新していないどころか、
たぬーの日記っていうコーナーがあることも、さっぱりすっかり忘れ去られていたところ、
一押しスタッフ「てやんでえ藍美」に
「たぬーの日記おもしろかった〜一気に全部読んじゃった」と言われ
なんだっけそれ、ミクシー?とすっとぼけてたところ、一花屋のページにあった、わたしのブログだった。

せっかく生きてるんだし、コーナーもあるんだし、ああ、この3年間なんて濃厚だったのに書いときゃ良かったよ、とほほ。
でもまあ、清明とお日柄もよさそうなので久々に書いてみようと思います☆

二年前の春の土用に出来上がった、「土用」という個室があります。
今日はそこで、一花屋家庭和裁のお教室がひらかれております。

家庭和裁ってなあに?

むかしというか、ほんとちょと昔。私たち日本人の女性はだれもが針と糸をもって
浴衣つくりくらいやってのけていた。ちょっとしたほつくろいものや、ちょっとした小物など
なんでも作れた。
そんな文化を、自分や回りの素敵女性とそのちょっと昔の過去と今をつなぎあわせたい。
そして、これからにつなげていきたいと思って 今年の立春からはじめています。
まだ若干空きがあるので、是非参加したいわ〜って方はお申し込みくださいね。

はっきりいって、忙しい暮らしの中でちくちくと縫い物をする時間て本当に貴重で
わざわざつくらないとできないくらいの時間なんだけど、
今はどたばたの中でどたばた生きてるけど、
ひとつひとつゆっくりと向き合っていきたいものね。その勉強中なんだよね〜

去年着付けを習って、着物に触れる時間が多くなった。
着物も同じ、ていねいにゆったりとした時間が必要だ。
我が心のとも櫻子ちゃんも「着物を着ると言うことは、その時間自分と向き合うことができる」
足袋をはくことからはじまって、着物をきて、出かけて、帰ってきて脱いで、たたむ。という
一連の所作が、洋服とは全く違う。
酔っぱらって帰ってきても 脱ぎ捨てて寝れないもんね。

和裁も同じで、一針一針すすめていくじかんのなかで、糸や絹や染や織りや
今目の前に生地として来るまでのストーリーを考え、思いを馳せることができる時間。
それそのものが 丁寧なくらし ってことなんだとつくづく思っています

最近の私ときたら暑さでめっぽうダウン気味ですが、
朝晩のうち水の時間は楽しくうち水をしています。

水の冷たいイメージでの涼しい気がする、というのと
実際の温度もすっと下がり、うち水をしたアスファルトをわたる風が確実にひんやりしている。

なにげに 葉山のイベントに出店するのってはじめてかも!っちゅうことで
わくわくで向かいました。
今回葉山環境フェスタではロケットストーブの展示も兼ねての出店だったので
ロケットストーブを使ったぜんざいを販売しました!

よもぎ玄米餅は七輪で炭焼き。

美味しい、美味しいと言う声をたくさんいただきました。よかった〜!!

ロケットストーブにみんな興味深々。あっという間の人だかり。
「薪ストーブは無理だけど、これならうちでもできるな」
「焚き火が禁止のご時世だけど、やっぱり木が燃える臭いっていいわ〜」
などなどぜんざいそっちのけでロケットストーブへの質問殺到。
果てはロケットストーブを買いたいという声も多く聞きました。

ということで、即売会!4台ほど作るお約束をしました。
これ、月3万円ビジネス(非電化工房藤村先生提唱)向けじゃないかしら。。。とマロとほくそ笑みました。

それから、この日のぜんざいは1杯300円。なんだけど、
男性は111/111(2011年11月11日)に女性をリスペクトする時代に突入したことを記念して、+ドネーションをもらおう!ということになり、女性は300円だけど、
男性は+で頂きました。何故一花屋に払うのか、は謎ですが わかりやすいメッセージとして
そうさせていただきました。
みなさま、じゃあ小銭全部、とか500円とか快く女性への愛を表現してくれました。一人面白かったのが「姉貴が3人いて、リスペクトというか、女性は恐怖でしかないんですけど、、、」というおじさんがいらっしゃった。あらまあ!!しかし、とはいいつつ多額のドネーションをくれたあたりがにくいね〜!


葉山の方が多く遊びにこられていたので一花屋はぜんざい屋と思われたかもしれないな〜と思いつつ、葉山の方々のセンスの良さに圧倒されて帰ってきました。益々繋がっていきたいですね☆ありがとうございました。