Text Size :  A A A
|  一花屋News  |  たぬーの日記  |  和雑貨  |  一花屋shop  |  shopからのお知らせ  |  ネットショップ  |  bbs  |
|  Link  |  たぬーについて  |  mail  |
先告したように、水曜日は三浦たかいく農園の援農にでかけている私です。

週1日だけど、ちょっとづついろんな作物に関わることができて
未知の農業がちょっとづつ 近くなった気分。

先日は灼熱地獄の中 とうがらし の収穫をしました。
完熟とうがらしは ギンギンの真っ赤で 渡来してきた作物なのだなあと思った。
東アジアな色だ。

一瞬で日焼けするこの太陽となんて似合うんだろう。

それでバケツにいっぱい収穫したとうがらしでソースを作った。
赤トンソースと黒トンソースだ。

一花屋で量り売りはじめました。是非おためしあれ。
辛いもの好きの方にはやみつきになるおいしさです。
いろんなメニューにきっと合います。

青トンソース (青トウガラシ、自家製酢)
赤トンソース (赤トウガラシ、琉球泡盛)
黒トンソース (赤トウガラシ、醤油)
各10グラム 100円、瓶代100円/瓶を持参いただけると助かります(瓶代はかかりません)。

よろしく!
Img_e70cd93c5bc2de125f3f70bcb9b3ba51297e9b2c
Img_5f64de56d6f4302a184744793c6d25bbaa019ac2
干してある胡麻
Img_d8d3ba763d0da00eff83131178703da91adbfe55
ネギ畑のわたし
毎週水曜日は三浦の完全無害農法たかいく農園に通っているわたしです。

今日はまたネギ畑との戯れでした。

ネギ畑はかなりきっつく、足がぷるぷるするようなバランス感覚を要します。

そこで草取りをしました。一花スタッフのノアちゃんと一緒に行きましたが、

二人で一日かけてできた草取りは 何レーンもありませんでした。

草取りの草の仲間にすべりひゅうという植物があり、一見多肉植物のでっかいやつみたいなのなんだけど、これはおひたしみたいにして食べれる。
お昼にいただきました。梅干しと和えてあっておいしかった。

ネギって、ホント大変。

ネギの白いところつくるためにこんなに苦労がされているなんて知らなかった。

一本一本ありがたく頂きたいものですね。

収穫となるとあっという間なのに、そこまでの道のりがえらい手間がかかる。農家ってすごいなあ。


先週は胡麻の収穫だった!大の大人が5人掛かりで一日かけて刈って束ねた胡麻たち。今は乾燥させているのだけど、そんなにかけた胡麻の枝からとれる胡麻はほんのわずかと知り、や〜胡麻が国産で自給しないわけだわ。と思った。だけど、こんなに日頃胡麻にお世話になっているのだからやっぱりもっと自給したいぞ。国産で完全無害で、こんなして手を掛けたら100グラム100円とかじゃほんと売れないわ。